23:46 2020年07月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
2100
でフォローする

カナダのマギル大学の研究者らが、なぜ人々は否定的なニュースを好むのか、その理由を突き止めた。科学者スチュアート・ソロカオとマーク・トラッスラー氏が実験を行った。

被験者はニュースアグリゲーターから好きな記事を選びだすよう求められ、そのときの眼球の動きがビデオカメラで監視された。また短いビデオを見させられ、どのような政治的ニュースに注意を払おうとするかを申告した。

すると、参加者のほとんどがネガティブな報道を選択する傾向があることが判明した。研究者らは、これは危険を回避したいという自然な本能によるものであるという。また、落ち着いた環境では、人々は悪いニュースに反応する可能性が高くなる。

先に伝えられたところによると、オランダの研究グループが、なぜ猫が箱その他狭いところに逃げ込むのか、その秘密に迫った

関連:

研究者、人はiPhoneを失ったらどうなってしまうのかを究明
学者:タトゥーが就職に役立つか?
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント