23:27 2018年09月24日
中国、ぶどうのつるを変異させるため宇宙に送る

中国、ぶどうのつるを変異させるため宇宙に送る

© Sputnik / Sergei Malgavko
テック&サイエンス
短縮 URL
141

9月15日に地球の軌道に乗せられた中国の宇宙ステーション「天宫2号」の中には、ブドウがあった。ワイン専門誌 『Decanter』の中国語版サイトで報じられた。

宇宙ステーション内に3種のブドウが持ち込まれた。実験の目的は、ブドウ品種らの低温、乾燥した条件への耐性を調べることだ。専門家は、もし地球軌道上でのブドウ栽培時、DNAに必要な変異が現れたら、一連の中国の地域にある厳しい生育環境へ耐性のあるブドウ品種を作ることにつながると期待している。

地球軌道上の高い放射線量が、変異加速の一助になる可能性がある。この変異は干ばつ、寒さやウイルスへの抵抗をもたらす可能性があるとの自信を研究者は持っている。ブドウのつるは、ワインの産地である中国賀蘭山の尾根からのものだ。

先にマスコミが伝えたところ、地球温暖化と気候の急な変化の結果、人類はコーヒープラントを失うリスクがある。

関連:

学者:地球を次の大量死が襲う時(動画)
学者、3年で天の川の詳細な地図を作る
露日の物理学者、光の速度を10分の1に
タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント