15:25 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    ミーアキャット

    人の10倍血に飢えた動物を学者が発表

    © Wikipedia/ Sharp Photography
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    2219791

    ミーアキャットが1000種以上の哺乳類の中で最も頻繁に親族を殺しており、古代の人類より10倍の残忍さを持つと学者たちが明らかにした。

    ネイチャー誌に掲載された論文では、「ほかの原因と比較した、親族からの暴力による死亡率」が計算された。南アフリカのミーアキャットは記録的な指標、19.4%に達した。英インデペンデント紙が報じた。

    データは、ホモサピエンスの初期発達期における意図的な殺害率を評価する研究の一環で得られた。

    哺乳類の意図的な殺害率の平均は0.3%なのに対し、人類は2%に達したと明らかになった。学者は霊長類の「自分たちの生き物」に対する暴力への成功を社会グループでの生活によって説明している。

    先に、現代人とネアンデルタール人の耳は、違った具合についているが、聞こえ具合は同じだと報じられた

    関連:

    学者、太陽系の謎の光線を見つける
    ロシアの科学者、モリブデンによる癌の治療法を開発
    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント