13:18 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 24
でフォローする

ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)の研究者たちが、市場初の、完全にコンピュータによって作曲された曲を発表した。『Daddy's Car』という曲はビートルズ風に作られた。曲は、作曲したFlow-machinesのサイトで公開されている。

コンピュータミュージックを作るために研究者たちはいくつかのコンピュータアルゴリズムを開発した。まず、約1万3000曲の広範な楽曲データベースから人間が、あるスタイルに適した音楽を選ぶ。その際考慮されるのはメロディーと調性。

プロジェクトに加わった『Daddy's Car』のためには、バンド、ビートルズから楽曲が選ばれた。そして、アルゴリズムFlow-machinesが選ばれた曲を元に自らのメロディーをつくる。アルゴリズムRechord がその後選ばれたメロディーラインにあわせ、生身のミュージシャンが演奏した曲の断片を選ぶ。その後、人間の作曲家がミキシングのための一般的なスタジオ作業を行う。

描写されたコンピュータプログラムによって、実質的にあらゆるスタイルの楽曲が書ける。発表された曲は、Sony CSLが2017年に発表する予定である人工知能によって考え出された曲のアルバムに入ることになる。

先に伝えられたところによるとモスクワの地下鉄駅付近で、ある下院議員候補を投票するよう運動していたロボットが警察に取り調べられた

関連:

BMWがロボットに!(動画)
日本のラブホテルがギネス申請!その驚きの理由とは!(写真)
タグ
音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント