23:40 2017年11月23日
東京+ 11°C
モスクワ-3°C
    米学者:エイリアン存在の可能性を特定

    米学者:エイリアン存在の可能性を特定

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 78127

    米国の天体物理学者ブライアン・ラッキー氏は、宇宙の観測可能な部分でエイリアンが存在する確率は、18パーセントであるとした。arXiv.orgが伝えた。

    ラッキー氏は、統計学的結論を利用したほか、ふさわしい場所に文明が発生する可能性をもとに、この数字を出した。

    他の文明発生を決定づけるファクターとして、ラッキー氏は、恒星のタイプ、惑星の質量、恒星と惑星間の距離を挙げたほか、様々な生命の形態が発生するために、多様な遺伝物質が存在することも条件に挙げている。

    先に伝えられたところによると、スウェーデン性教育協会(RFSU)は、NASAに対し、異星人の侵入に備え、宇宙空間にコンドームを打ち上げるよう求めた

    関連:

    科学者ら、宇宙人がどこに住んでいるかを示す
    宇宙人、シリアのダマスクスを攻撃?(写真)
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント