16:40 2018年12月10日
地球最古の「文明」が名指される

地球最古の「文明」が名指される

© 写真: Usman Ghani
テック&サイエンス
短縮 URL
0 111

国際的な生物学者チームがオーストラリアのアボリジニが一貫して地上に存在している最古の「文明」であることを証明した。ネイチャー誌に論文が発表された。テレグラフが報じた。

オーストラリアとパプアニューギニアの先住民は他の古代の人々、おそらくデニソワ人と交配したいたことが証明された。のち絶滅した人たちの遺伝子の4%を継承する現地アボリジニがこれにより誕生した。

この結論は以前の遺伝的および考古学的研究と一致している。原始社会とは異なる最古の文明としては8000年前に生まれ4000年以上存続したインド文明であるとされている。

先に伝えられたところ、イスラエルと米国の研究者グループが1500年前のものと思われる炭化した古代ヘブライ語の書かれた巻物を解読することに成功した。

関連:

クリミアで中世初期の「ベビーモニター」が見つかる(写真)
サンフランシスコ講和条約は日本を第二次世界大戦から引き出すと同時に冷戦に引き込んだ
タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント