18:52 2019年06月16日
南極

ロシア人科学者、南極で新バクテリアを発見

© Fotolia / Steve Allen
テック&サイエンス
短縮 URL
0 91

南極の地底湖ヴォストークで今までに知られていないバクテリアが発見された。コンスタンチノフ記念ペテルブルグ核物理学大学、低温宇宙生物学実験室のセルゲイ・ブラート室長の発表をヴェスチ紙が報じた。

新バクテリアはВ123-10と命名。見つかったのはボーリング用ドリルのヘッド部分で凍った水の中。分析の結果、遺伝的にはこれはすでに発見されている有機体の構成に86%は似ていることが明らかになった。

ヴォストーク湖は水深1200メートル。こうした地底湖としては地球上では唯一のもので、類似した地底湖は土星、木星の第2衛星のエウロパ、第3衛星のガニメデ、第4衛星のカリスト、土星の第2衛星のエンケラドゥスにしかない。

先に伝えられたところによると、世界中で発見されたサメの歯を研究するグループがこのサメが有史以前、太平洋と大西洋に生息していたことを明らかにした

関連:

恐竜と同時代を生きた最小の生物、発見
ポーランドメディア:黄金を積んだ第三帝国の列車、発見される
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント