09:01 2017年03月25日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    我々の銀河はどう滅ぶのか:学者の意見

    我々の銀河はどう滅ぶのか:学者の意見

    © 写真: Yuri Beletsky
    サイエンス
    短縮 URL
    2143983

    米コロンビア大学の専門家たちが、どのように地球上の生命が消え失せ、その後私達の銀河も消えるのかを語った。サイト「Space.com」が報じた。宇宙的尺度では天の川はもう長くないと明らかになった。

    数10年前、学者らは、我々の銀河がアンドロメダ銀河に猛スピードで接近していることを突き詰めた。双方の衝突は25億年後に起き、その後双方は消滅する。NASAと欧州宇宙機関の専門家の意見では、銀河の終わりはこのようなものだ:

    とはいえ、地球の生き物はこれを心配するに値しない。地球上の生命はそれ以前に消滅する。学者等によると、10億年後太陽があまりに多量の熱を放出するようになり、そのため地球上の水の蓄えとが消え、ともにすべての生き物も消滅するという。

    なお先に伝えられたところによると、NASA=米航空航空局が資金援助している多量の研究が無償でアクセス可能になった

    関連:

    NASA、ロシアの宇宙船の利用を拡大する計画
    学者、太陽系の謎の光線を見つける
    タグ
    学説, 宇宙, NASA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      こういう話って
      だから 火星に移住しましょう ということに
      なりそうですね 笑
    • avatar
      豊岳正彦
      >宇宙的尺度では天の川はもう長くないと明らかになった。

      宇宙の起源がビッグバンではあり得ないことが明らかで、すなわち起源さえ不明なこの宇宙の年齢も寿命も分からない天の川が「もう長くない」とは、ちゃんちゃら可笑しくってへそが茶を沸かす片腹痛いどころか、最早金輪際抱腹絶倒である。
    新しいコメントを読む (0)