08:24 2020年10月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 151
でフォローする

東京工業大学の学者たちは、地球のマントルに存在する貴金属がどこから生じたのかを突き止めることに成功したと発表し、地球形成の理論に疑問を呈した。

東京工業大学のブラッサー ・ラモン教授と井田茂教授は、地球、月、火星の形成が始まってから3億年にわたってプラチナと金のレベルがどのように変化したのかを分析した。教授らは、プラチナと金は地球のマントルに何百万年も蓄積されたものではないと指摘している。その数は別の天体との衝突によって劇的に増えた。それが起こったのは約45億年前。すなわち地球の地殻が形成される前だった。

教授たちは、入手したデータに基づき、地球は遠い昔、天体の攻撃に頻繁にさらされていたわけではないと主張している。そのため教授たちは、先に提唱された地球形成の理論を見直す必要があると考えている。

先に伝えられたところによると、日本の科学者らによる最近の研究で、お茶のさらなる有益な特性が判明した

関連:

バングラディシュ、首都の空港でゴミ箱に金3キロが破棄
モスクワの空港で金のネックレス約3キロを持った日本人が拘束される
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント