17:45 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    日本の学者、心筋梗塞発症の心臓の機能回復に成功

    日本の学者、心筋梗塞発症の心臓の機能回復に成功

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 45110

    信州大学バイオメディカル研究所/医学部附属病院循環器内科 柴祐司 准教授率いる日本の学者グループが、iPS細胞を用いて心筋梗塞を発症したカニクイザルの心機能を部分的に回復することに成功した。科学誌『ネイチャー』に掲載された。

    研究で学者たちはカニクイザルから得られたiPS細胞を制作し、それから心筋細胞を作った。その心筋細胞は、心筋梗塞を発症した他のカニクイザル5匹の心臓に移植された。移植された細胞は12週間で拒絶反応を見せず生着し、カニクイザルの心機能は5から10%向上した。

    日本のメディアが今日報じるところ、将来的に、この技術を人間に使用する展望も開けている。

    関連のニュースはこちらから。

    関連:

    医師、患者にウォッカと猫の唾液のカクテルを飲ませていた
    インドで双頭の子どもが生まれる(写真)
    タグ
    医療, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント