23:20 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
    クロゴケグモ

    雄グモ 交配後メスに食べられないようにする方法を考えつく

    © 写真: Marshal Hedin
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 159484

    クロゴケグモは、最も美しいばかりでなくこの世で最も危険なクモだが、仲間を食べてしまうカニバリズムでも有名だ。彼らのメスは交配を終わると、すぐにオスを食べてしまう。しかしトロント大学の学者グループは、雄グモが、この問題解決のため驚くべき方法を見つけた事を明らかにした。

    オス達は、性的に未成熟のメスと交配を始めている。そうしたメス達は、子孫を残すためには十分すでに成熟しているが、オスを食べてしまうには若すぎる。そこでオスは(性器細孔がまだ開いていないので)メスの皮膚を貫通し精子を注入、そして安全な距離まで移動する。一方メスは、その精子が活動を始めるように、自分達が十分に成熟するまでそれを自分の体内にとどめることになる。

    現在学者達は、なぜ雄グモが繁殖戦略を変えたのか、その理由の解明に取り組んでいる。

    なおオスを引き付け、彼らに繁殖期が始まったことを知らせるフェロモンを、メスがまだ放出していない時期に、オスはどのように交配の時期を知るのかについても、今のところ分かっていない。

    先の報道では、豪州の町イエナ―の公園で彼氏と一緒に「ポケモンGO」に興じていたレスリー・シュミットさんが超現実的な現象にでくわした。なんと公園全体が蜘蛛の巣で覆われていたのだ。

    関連:

    恐竜時代からの生き残りカニが大量死
    核シェルターで光も食べ物ない状態で暮らすアリが見つかる
    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント