15:55 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 9°C
    火星への飛行は宇宙飛行士のIQを低下させる?

    火星への飛行は宇宙飛行士のIQを低下させる?

    © Sputnik/
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 49940

    マウスを使った実験によれば、火星への長期飛行は、飛行士の知性レベルの甚だしい低下をもたらす恐れがある。この説は、雑誌Scientific Reportsに公開された論文の中で発表された。

    隕石の残骸に地球外生命体の痕跡発見
    Urals Federal University Press Service, Speczakaz media group
    米国のリモリ博士をリーダーとする研究グループは、数十匹のマウスの行動の変化を追跡調査した。そのさい専門家らは、実験室で、マウスの脳に毎日、宇宙線と同様の光線を浴びせ続け、今回の結論に至った。

    米カルフォルニア大学アーバン校のチャールズ・リモニ(Charles Limoli)博士は、次のように述べている-

    「ああした影響下に長く滞在すると、中枢神経系の働きに合併症 が生じ、労働生産性が下がり、記憶に問題が出て、不安や憂鬱感が高まり、物事を決定するのが難しくなる。こうした多くのことは、地球帰還後も宇宙飛行士を悩ます可能性がある。」

    学者グループの説明によれば、今回の発見は、火星に向かう宇宙船には、荷電粒子から飛行士達を守るしっかりとした装置が備えられなけばならないことを明らかにした、とのことだ。

    先の報道では、学者たちの情報によると、近いうちにも火星で大規模な砂嵐が発生する。

    関連:

    学者、太陽系に最も近い「地球の双子」上の巨大海を報告
    火星への無料飛行に必要なリツイート数は?
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント