07:28 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    太陽系で新たな惑星発見

    太陽系で新たな惑星発見

    © REUTERS/ R. Hurt/Caltech
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 310670

    米ミシガン大学の研究者らが、太陽系で新たな準惑星を発見した。

    隕石の残骸に地球外生命体の痕跡発見
    Urals Federal University Press Service, Speczakaz media group
    論文は国際天文学連合(IAU)のサイトで読むことができ、概要はワシントン・ポスト紙が報じている。

    準惑星「2014 UZ224」は太陽から38天文単位から180天文単位の距離で非常に細長い起動で公転している。公転周期は1136年。「2014 UZ224」の直径は420から1180キロに達する。

    「2014 UZ224」は、氷天体が少数存在する太陽系の遠く離れた地域にある。「2014 UZ224」に最も近いのは、海王星の軌道より外にあるエッジワース・カイパーベルトだ。

    現在 「2014 UZ224」は太陽から91天文単位の距離にある。

    IAUによると、太陽系には全部で8つの惑星が数えられる。2016年1月には米学者たちが第9の惑星候補を発見した。また、現在に至るまでに約50の準惑星候補が知られている。

    関連のニュースはこちらから。

    関連:

    ロシアでロボット宇宙飛行士が発表される(動画)
    大規模な嵐が火星を包み込む
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント