23:37 2017年12月13日
東京+ 6°C
モスクワ+ 4°C
    サイエンス

    ロシアの学者、ビタミンB2でガン破壊に成功

    © Fotolia/ Hoda Bogdan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 370

    ロシアと海外の学者たちが、ビタミンB2を用いてがん細胞を除去する独創的な手法を考案した。論文は科学誌『Scientific Reports』に掲載された。

    多くの種のがん細胞は何らかの理由で膨大な料のビタミンB2(リボフラビン)を吸収し、消費している。そのため、生物学者たちはがんの局地化と破壊のためにリボフラビン分子を利用できるという考えに昔から行き着いていた。

    そして、ロシアの諸大学とロシア科学アカデミーの諸研究所、フランスとオーストラリアの研究者たちがナノ粒子を少量用意し、ビタミンB2と組み合わせた。それを、ヒトの乳房腫瘍から抽出されたがん細胞を移植したいくつかのマウス体内に入れた。

    観察が示すところ、ナノ粒子注入と定期的なレーダー照射から50日後、がん細胞の成長は停止し、ガンのサイズは実験期間で90%減少した。

    次のステップは、この方法の臨床実験だ。

    先に伝えられたところによると、漢方でがんの徴候完全消滅

    関連:

    ロシア、犬が癌の診断を開始する
    がん 謎の発病形態が明らかに
    タグ
    科学, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント