18:33 2020年10月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71
でフォローする

科学者たちによれば、まだ言葉も知らない赤ちゃんの行動にはすでにのちどのような人間になるかの性格特性が表れている。生後数か月の行動にはすでに明らかに将来の性格が示されているという。成長とともに性格は変わっていくが主だった特徴は赤ちゃんのときにすでにみられるという。

観察の結果、赤ちゃんのとき自分に注意を集めることができている場合、少年になっても注目を集めるような人になる。幼児期に十分にアクティブであり、よく笑うなら、その後も高い感情的な安定性を示すであろう。興味深い事実は、幼い頃から社交的でよく笑う子供は大人になって常に外向的になるとは限らず、しかしより自らの力に自信を持っているという。

ない先に学者が生まれた家の貧富でかかる癌は異なり、育成環境が子供の癌素因に強い影響を与えている可能性があると発表した。

関連:

英学者 携帯電話を深夜オフにするようアドバイス
オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント