20:59 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    建物の「背を縮めていく」日本発解体技術

    建物の「背を縮めていく」日本発解体技術

    © REUTERS/ China Daily
    サイエンス
    短縮 URL
    071780

    日本で発明された新たなメソッドの本質は、高層ビルが内側から解体されて行くことにある。

    高層建築の最上階に作業員と、ミニショベルやミニローダーなどの小型特殊機械、そして最も重要なものとして、具体的な建物のために特別に開発された、天井を支える金属棒のシステムを送る。その後、作業員と特殊機械が壁と運搬可能な建造物を解体し始める。少しずつ解体した後、天井は1時的な棒の上にただ降ろされる。

    外から見れば、建物が1フロアずつ徐々にサイズを縮めていくように思えるだろう。

    テコレップシステムという名前のこの建物解体方法は、低い騒音と粉塵レベル、そして重機から出る有害物質が少ないことが特徴だ。

    先に伝えられたところによると、ロシア国立研究工科大学「MISiS」は鉄を基にした、高いエネルギー効率性と頑丈さを持つ物質開発の革新的なプロジェクトを開始した

    関連:

    日本の学者ら、空中浮遊術を用いて鉄の硬度のガラスを合成
    ボーイング、ガラスにひびが入り沖縄に緊急着陸
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント