11:09 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
289
でフォローする

ギルバート・レヴァイン氏率いる米研究者たちが、火星には今も生命が存在していると断言した。論文は『Astrobiology』が報じた。

このような結論は、1976年の時点で火星に到着した探査機バイキング1号・2号から得られたデータからなされた。土壌サンプルの分析は、火星には今も有機生命体が存在しており、それは数100万年前に現れたと証拠付けている。

一方、学者たちは今に至るまで火星で生命体を発見することに成功していないため、火星探査車「Mars 2020」が送られた際にこの仮設は否定される可能性がある。

論文の著者たちは次のように述べている。

「火星の土壌で発見されたいくつかの兆は、火星はやはり生存可能なのだとはっきり理解させている。少なくとも微生物はいる。もし火星表面にいなければ、地中には必ずいるだろう」

関連:

探査機ニュー・ホライズンズ、冥王星で雲を発見
露欧探査機が来週にも火星到着
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント