20:06 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    科学者ら:人間の筋肉は独自の体内時計を持っている

    科学者ら:人間の筋肉は独自の体内時計を持っている

    © Sputnik/ Alexey Filippov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    160

    米国の科学者によると、運動は体を適時に元気にするのに最大の効果を発揮する。筋組織にも体内時計があるためである。

    ノースウェスタン大学の科学者たちはマウスでの研究を行った。マウスたちは一日の異なる時間にランニングマシーンで「訓練」させられた。

    そこで興味深い法則が判明した。夜間訓練中は筋肉が酸欠に陥り、食べ物から得たカロリーの消費量が減り、生産するエネルギー量も減少した。

    げっ歯類の細胞は人間に似ているので、人間も昼間運動したほうがよい、という結論になった。

    今後科学者らは個別に運動のための効果的な時間を算定する。酸化プロセスは筋肉のためだけに重要なのではない。酸素の欠乏は、癌および心臓発作の発展に寄与する。そこで専門家らは、時計をリセットすることによって細胞内の酸素の反応を制御する新しい方法の発見に努めるという。

    科学関連のニュースはこちら

    関連:

    学者:ニューヨークは100年後に水没する
    タグ
    スポーツ, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント