18:04 2017年03月26日
東京+ 6°C
モスクワ+ 1°C
    日本の学者、10代のうつを治す方法を発見

    日本の学者、10代のうつを治す方法を発見

    © Fotolia/ Photographee
    サイエンス
    短縮 URL
    13200142

    東京の学者らが、ティーンエージャーをうつ病から守る信頼のおける方法を発見した。専門家によると、成功の秘訣は、毎晩8時間以上の深い睡眠に隠れているという。

    日本の学者らは、ティーンエージャーをうつ病から守るのは毎晩8時間以上の深い睡眠の可能性があるとのべた。専門家がこのような結論に至ったのは、2都道府県で学校に通っている1万8000人の生徒が参加した調査の結果を分析した結果だ。

    学者たちは研究で、被験者たちの生活様式とその精神的な健康のデータを集めた。研究者の興味を特に惹いたのは、ティーンエージャーの睡眠時間がうつ病と興奮状態の発生に影響するかという問題だ。研究の結果、専門家たちは、1晩で8時間半寝ている生徒たちは精神障害に直面するリスクが最も少ないと突き止めた。

    先に学者たちは、睡眠と性生活を向上させる食生活を開発した。

    関連:

    女性がセックスを止める主な原因を学者が挙げる
    米国男性、友好的なアヒルを機内持ち込み(写真、動画)
    タグ
    科学, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      えーと、、、健康な子は8時間半寝ることができる、んじゃないかな?
      原因と因果が逆にされている気がする。
      うつ病になるには「要因」がある。それがあるからまともに寝ることができない。んじゃないかな?
      鬱になっている重要な因果関係要因を排除できないかぎり、8時半の十分な深い眠りなどとれないんじゃないかな?
      もしくは睡眠薬使って毎日8時間半寝ればうつ病は改善されるとでもいうのかなぁ?
    新しいコメントを読む (0)