19:29 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 26°C
    脳癌に対する有効な治療法が発見される

    脳癌に対する有効な治療法が発見される

    © Flickr/ Evan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 151192

    脳腫瘍に対する新しい薬剤は、潜在的に有害な物質から中枢神経系を保護するバリアを透過する。薬剤は、ジョンズ・ホプキンス医学研究センターの科学者らによって開発された。ジャーナル・オブ・メディカル・ケミストリー誌で発表された。

    元になったのは基礎実験薬物6-ジアゾ-5-オキソ-L-ノルロイシン(DON)。これは、70年以上前にペルーで見つかった土壌細菌に由来するもの。この物質はタンパク質の一部をなす細胞のアミノ酸グルタミンの使用をブロックする。 DONは後期癌を縮小させるが、人間の消化管への影響は毒性が強すぎることが判明した。

    科学者らは薬物の種々の誘導体を合成した。中でも脂肪内で効果的に融溶する分子が探された。

    先に伝えられたところによると、ロシアと海外の学者たちが、ビタミンB2を用いてがん細胞を除去する独創的な手法を考案した。

    関連:

    ロシア、犬が癌の診断を開始する
    がん 謎の発病形態が明らかに
    タグ
    科学, 医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント