11:00 2018年07月17日
ロシア学者、月面天文台の作業開始

ロシア学者、月面天文台の作業開始

© Sputnik / Vladimir Sergeev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71

ロシア科学アカデミー評議会は、月面に天文台を配置する計画に関する学術研究作業を承認した。イズベスチヤ紙が評議会の議事録を元に報じた。

次のように報じられている。

「作業は2016年から17年にかけて遂行されると予定されている。予算は1200万ルーブル。結果として月面天文台から宇宙の研究プログラムが表れる必要がある」

だが、このような天文台建設は2035年まで以前には始まらないと専門家は見ている。

同紙によると、宇宙の研究は低周波電波望遠鏡、X線天文学、光学観察、太陽放射と地球放射の無線物理研究を使って行われる予定。

先に月面での奇妙な発見物について報じられた。

関連:

火星での生命存在は1976年に証明済み
NASA:木星はタマネギに似ている
タグ
科学, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント