09:49 2017年04月25日
東京+ 14°C
モスクワ+ 1°C
    日本の金星探査機「あかつき」

    露米 共同金星探査開始を計画

    © AFP 2017/ Akihiko Ikeshita /JAXA via Jiji Press
    サイエンス
    短縮 URL
    142740

    太陽系の2番目の惑星である金星表面への自動ステーションの飛行が、ロシアと米国の共同プロジェクトにより実現するかもしれない。

    米国の学者らは、ロスコスモスの専門家達と共同で、金星向けの新しい自動ステーション開発に参加する可能性がある。ロ米合同作業グループは、すでに、プロジェクトのいくつかのシナリオを提案した。1日、新聞「イズヴェスチヤ」は、ロシア科学アカデミー宇宙調査研究所の所長で、科学アカデミー宇宙評議会の責任者であるレフ・ゼリョヌィ氏の発言を引用して報じた。

    伝えられるところでは「プロジェクト『ヴェネーラD』をめぐる協力について、およそ2年、NASAとの間で話されている」。今年10月、共同作業グループは、討議のために、いくつかの異なるプロジェクト案を示した。

    関連:

    巨大小惑星が地球に接近していた
    科学者ら、初めて「放浪」ブラックホールを発見
    タグ
    宇宙, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント