13:00 2018年10月24日
学者、SNSが寿命を伸ばす可能性あると解明

学者、SNSが寿命を伸ばす可能性あると解明

© Sputnik / Natalia Seliverstova
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

米カリフォルニア州大学の研究者による、フェイスブック1200万人の利用者の研究が、SNS利用が他人との実際の交流を支え、良くする場合に限り、寿命を延ばす可能性があると示した。同大学サイトで発表された。

この研究は、普通の人生についてすでに明らかになっていたことである、より強く、広範な社会的つながりを持つ人々はより長く生きるということの証拠となった。

「オンラインでの相互活動は、その活発さが適度であり、現実生活の相互作用を保管する場合、健康的である」と研究者の1人、ウィリアム・ホッブス氏が指摘する。

先に伝えられたところ、学者が、人生を1.5倍に伸ばす方法を知った。

関連:

英学者 携帯電話を深夜オフにするようアドバイス
オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント