03:34 2018年07月17日
テック&サイエンス

地球を脅かす小惑星の数が1万5000個に

テック&サイエンス
短縮 URL
0 33

最新データによると、地球を脅かす小惑星の数がすでに1万5000個となり、このような小惑星の捜索などが続いている。

なお2013年8月、このような小惑星の数は1万個だった。

学者たちは、被害を最小限に抑えることが可能となるため、小惑星の大きさ、軌道、地球の周辺を通過する時期を知っていた方がいいと考えている。

近年、多くの国がこのような潜在的な危険性を見つけるために最大限の努力を払っている。そのためNEO(地球近傍天体)とそのパラメーターの数が増え続けている。今日、新たなNEOは1週間に約30個ずつ見つかっている。

先に緑色の球形の未確認飛行物体が、日本の東部でTVカメラにより撮影された

関連:

隕石の残骸に地球外生命体の痕跡発見
隕石がキプロスで地震を起こした(動画)
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント