23:29 2018年07月16日
隕石

NASA、向こう5日の小惑星アポカリプス警告へ

© Fotolia / Elenarts
テック&サイエンス
短縮 URL
0 711

NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。サイト「Universe Today」が報じた。

同サイトが指摘するところ、5日は非常に短い期間に思われるかもしれないが、以前は地球に落下する数時間前にしか小惑星を発見できなかった。このように、新たなシステムにより落下による結果を前もって評価し、小惑星が落下する地域にいる人々を救う策を講じることができる。

NASAはチェリャビンスク隕石のような小惑星を研究するため、地球近傍小惑星探査機「ニア・スカウト」を2018年に打ち上げる。そのような物体が地球に接近すると、探査機の1つが物体に近づき、物体表面の詳細な写真を取る。

先に伝えられたところ、最新データによると、地球を脅かす小惑星の数がすでに1万5000個となり、このような小惑星の捜索などが続いている。

関連:

日本の学者ら 土星の輪形成の秘密を解明
日本上空で光り輝く緑の玉が目撃される(動画)
タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント