15:56 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    天体物理学者 70億年かけて地球に到達した宇宙からの信号をキャッチ

    天体物理学者 70億年かけて地球に到達した宇宙からの信号をキャッチ

    © 写真: NASA Goddard Space Flight Center
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 359790

    宇宙空間を観測している専門家らが、これまで知られている中で最も遠い高エネルギーのガンマ線源を捉えた。

    銀河系外の天体からの信号は、70億年かけて地球に到達した。

    天体物理学者らは、望遠鏡MAGICとFermi-LATを用いて天体QSO B0218+357から放出されたガンマ線バーストを検出した。閃光は70億年かけて太陽系に到達したことが分かり、学者らはこの天体をブレーザーと分類した。

    学者らはブレーザーについて、銀河の中心にあり、宇宙で最も強力な放射線源と推定されているブラックホールと関係があると考えている。

    学者らの研究は、天文学にとって極めて重要だが、ブレーザーの信号検出に成功するのは極めて珍しい。距離が非常に長いため、通常は宇宙空間に吸収されてしまう。

    先に伝えられたところ、NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。

    関連:

    1967年に失われた人工衛星、約半世紀を経て「目覚める」
    日本の学者ら 土星の輪形成の秘密を解明
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント