10:45 2019年06月16日
糖尿病

医師 子供の糖尿病発症リスクを高める原因を発表

East News/Media for Medical/UIG
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02

妊娠中に母親が自分の体重と食事を管理しなかった場合、子供が2型糖尿病を発症するリスクが著しく高まる。医師のグループが、journal Diabetes, Metabolic Syndrome and Obesity: Targets and Therapyで発表した。

2型糖尿病は、糖尿病の中で最も多く、全体のおよそ90パーセントを占めている。

医師たちは論文の中で、母親の不摂生な食生活によって、胎児が暮らす子宮内環境が、子供の健康にとって悪い状況となり、母親の余分な体重が、子供のその後の肥満をプログラミングしたかのようになった時、糖尿病が早い年齢で発症する危険性が高まると指摘している。

研究者たちは、妊娠中の体重や血液中のグルコースの濃度減少を常日頃から管理することで、子供の糖尿病の発症リスクが低下し、子供の健康にポジティブな効果を与えると強調している。

先に伝えられたところによると、スクリップス海洋研究所の専門家が、魚は人体の免疫システムを破壊する可能性があると主張した

関連:

学説:死亡の70%以上が悪い習慣に起因
学説:愛は脳に働くよう強いる
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント