21:35 2019年08月25日
テック&サイエンス

脳インプラントにより麻痺状態のマカクザルを歩かせることに成功、学者

テック&サイエンス
短縮 URL
163

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の学者が、麻痺肢の運動性を取り戻す方法を発見した。彼らは、脳と脊髄の間の破壊されたつながりを戻すことができる神経インプラントを開発した。

それゆえ、新たな方法は全世界の障害を持つ数千の人々の希望となるかもしれない。

一方、専門家によると、この技術がリハビリ技術として人体でテストされるまでにさらに数年かかる可能性がある。このシステムは、麻痺を導く可能性のある怪我である、脊髄上部の怪我を負ったマカクザル2匹で実験された。

マカクザルの頭部にチップが埋められ、その後手の動きと相関する信号を追った。ローザンヌ大学病院の神経外科学者ジョセリン・ブロッホ氏は次のように指摘した。

「動物たちは、健康なマカクザルと実質的に同様に、怪我をした足を普通の状態で動かすことができた。」

先に伝えられたところによると、スウェーデンの専門家らは、人間の神経系と相互作用し痛みをコントロールする人工神経を開発した。

関連:

学者、寿命を1.5倍にする方法を知る
タグ
医療, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント