21:30 2019年08月25日
学者、人口過密による地球の滅亡を予測

学者、人口過密による地球の滅亡を予測

© Fotolia / Hikdaigaku86
テック&サイエンス
短縮 URL
2314

米国自然史博物館の学者が12日、どのように地球が滅びる可能性があるかに関する自らの結論を語った。

米国の専門家による、主要説の1つは人口過密かもしれない。2100年までに地球上には110億人までの人が住むことになる。学者たちは、この200年間での地球の人口増加に関する大規模な人口統計調査を行った。

調査の結果得られたデータによると、この期間で地球上の人口は7倍に増え、10億人から70億人になった。また、地球の人口が10億人に達するまでに要した時間は20万年。

学者によりモデル化された滅亡のシナリオの1つによると、2100年、地球の人口は110億人に到達して人口過密になる。すでに現在、地球は人間の経済活動に強く苦しんでいる。

先に学者が発表したところによると、グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸したという。

関連:

世界気象機関、大気圏のCO2濃度が最高値
WHO、地球の大気は致命的と認識
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント