13:34 2019年12月10日
トイレ

ボスニアの女性が革新的な便座を開発 (写真)

© Flickr / daniel julià lundgren
テック&サイエンス
短縮 URL
0 171
でフォローする

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォの女性ナージャ・ズブチェヴィチさんが、便座への抗菌パッドを発明した。ナージャさんは最近、サラエヴォ大学自然・数学科の修士課程を修了したところだ。

ナージャさんは自らの発明品をイノベーションツアーでお披露目し、すでに投資家からの申し出を受けている。ボスニアのサイト「klix.ba」が報じた。同サイトのインタビューを受けてナージャさんは次のように述べた。

「公衆トイレに行く時、私たちはよく居心地の悪さを感じます。私たちは便座にトイレットペーパーを敷いたり、もしくはまったく座りません。これは、高齢者や障害を持つ人、子供にとって問題です。私はウェブ中を漁り、この問題に対する具体的な解決法が一切提案されていないことを理解しました。私は研究を始め、紫外線の影響で99.8%のバクテリアを殺す懸濁液を発明しました。」

懸濁液は有毒ではなく、ナージャさんが加工したパットの試用期間は5年から10年だと、ナージャさんは強調した。

ナージャさんとそのチームの特許は特別委員会によってまだ検討されているところだが、彼らはツアーを行った基金からすでに初めての投資を受け取った。金額は3000ボスニアヘルツェゴビナコンバーチブルマーク(約1500ユーロ)。

抗バクテリアライニングはすでに数箇所のトイレで「テスト走行」を終えており、ナージャさんによると、この微生物学的分析による結果は「非常に良い」。

先に伝えられたところによると、日本のホテルに滞在した中国人夫婦が便座を持ち帰った

関連:

墓地の女子トイレで寝ているオットセイが発見される(写真)
韓国 トイレに叫び声センサー設置へ
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント