10:14 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    コンピュータゲームは老年性認知症を予防

    コンピュータゲームは老年性認知症を予防

    © Fotolia/ Aletia2011
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 90761

    オーストラリアの学者らは、高齢者が認知症進行を止める方法を明らかにした。研究の結果は『American Journal of Psychiatry』に掲載された。

    専門家らは過去20年間で実施されたこのテーマの研究論文数十本を研究した。研究には、後期高齢者と前期高齢者の女性700人が参加した。

    結果、学者らは、認知症の発症リスクが非常に高い高齢者の明晰さを維持するには、コンピューターゲームや注意力と記憶力を問う簡単なテストが助けになるとの結論に至った。

    特に効果的だと判明したのはテトリスと、画面上の形を暗記し、パソコンの画面上にその形が現れた後に正しい名を呼ぶという記憶ゲームだ。高齢ゲーマーは、ゲームに無関心な人たちよりも記憶を失う速度が遅く、生き生きと思考していたと経験が示した。

    先に学者が発表したところによると女性は老齢に達しても性的欲求は十分にあるという。

    関連:

    日本の学者 肌の若さの秘訣を解明
    学者、人口過密による地球の滅亡を予測
    タグ
    医療, 学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント