23:51 2017年08月19日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    冬特有のうつ状態、その原因と対策は?

    冬特有のうつ状態、その原因と対策は?

    © 写真: Jeffrey
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 100870

    研究者らは多くの人に現れる冬特有のうつ状態の原因を明らかにした。それだけでなく労働能力も意欲も低下させてしまうメランコリーの克服法も同時に明かされた。ロシア語のニュースポータル「プラネット・トゥデイ」が報じた。

    専門家いわく、冬、人間の体内組織はホルモンのうつ状態を呼び起こす成分を出しながらそれまでの季節とは異なる働きをはじめる。これは特に北国の人々が痛切している太陽光の不足に原因があるとされている。

    太陽光は網膜を通り抜けるときに脳に働きかける。このおかげで体内組織はセロトニン神経伝達物質が形成されるが、これこそが人間の気分に直接的な影響を及ぼす物質なのだ。まさに冬、人間の脳では人間に喜びを与えてくれるセロトニンの分泌量が減り、かわりに食欲を刺激し、常に眠たい感じを呼び起こすメラトニンの量が増える。このために人間は常に疲労感を感じ、仕事にも重要なことにも無関心になったりする。

    さて肝心の対策だが研究者らは新鮮な空気を吸いに外に出る回数を増やすこと、体を動かすこと、ビタミンD不足を補うために日焼けサロンに通うことを勧めている。

    先に伝えられたところによると、東京の学者らが、ティーンエージャーをうつ病から守る信頼のおける方法を発見した。

    関連:

    鬱の時代:イラン国民の半分が心理的援助を求める
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント