09:49 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 130
でフォローする

中国が強力な磁場を作り出すハイブリッド磁石を開発。その磁力は世界で2番目に強い。新華社通信が報じた。

新磁石の磁束密度は40万ガウスないし40テスラ。開発にあたったのは、中国科学アカデミー合肥物理大学で8年の歳月が要された。

世界最強の磁石とされるのは米国開発の45テスラの磁石でフロリダ州立大学国立高磁場研究所にある。

先の報道では、モスクワ国立大学と日本の豊橋技術科学大学の研究者らが光の偏光をほぼ一瞬で変え、そのスピードを10分の1に落とすことができた。

関連:

脳癌に対する有効な治療法が発見される
日本の専門家指導の下、ロシア学者が鉄より丈夫なガラスを開発(写真)
タグ
テクノ, 科学, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント