15:10 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    「ゾンビ病」が米国に浸透、学者が声明

    「ゾンビ病」が米国に浸透、学者が声明

    © AFP 2017/ Rhona Wise
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 793319

    リーシュマニア症のウイルス感染例が数件、米国で確認されている。これは、身体を生きたまま文字通り腐らせ、バラバラにする病気だ。このため、病気は俗に「ゾンビウイルス」と呼ばれている。

    リーシュマニア症はイラクかアフガニスタンから米国に持ち込まれたとみられている。

    『 Clinical Infectious Diseases』誌が報じるところ、リーシュマニア症は中央アフリカや南アフリカを旅行するエコツーリズムに行った人々の間で広まっている。この病気は内臓だけでなく、皮膚や粘膜にも感染し、その場合、リーシュマニア症は深刻な傷跡を残すことに繋がる。

    感染した人が文字通り生きたまま腐り始めたと、目撃者は述べている。

    ハエや蚊もウイルスキャリアになりうる。

    先に伝えられたところ、学者が寿命を1.5倍にする方法を開発した。

    関連:

    漢方でがんの徴候完全消滅
    HIVに感染した大人 初めて完治
    タグ
    医療, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント