04:05 2019年04月22日
マヤ文明のピラミッド

マヤ文明のピラミッド、内部にさらにもうひとつのピラミッドが発見

© 写真: Kirt Edblom
テック&サイエンス
短縮 URL
0 160

メキシコの古代マヤ文明の古代都市チチェン・イッツアにあるピラミッド、「ククルカンの神殿」を調査していた地元の科学者らがピラミッド内部にさらにもうひとつのピラミッドが隠されていたことを発見した。スペイン語の新聞「エル・パイス」紙が報じた。

内部のもうひとつのピラミッドが発見されたのは3D電気抵抗トモグラフィのおかげ。内部のピラミッドは高さ10メートル、幅30メートルの大きさで推定で紀元後550年から800年に作られた。

ただし、今回内部で発見されたのは実は2つめのピラミッド。ククルカンの神殿が入れ子式になっており、内部にももうひとつのピラミッドがあることは1940年代の時点で考古学者によって明らかにされていた。

米サンディエゴのカリフォルニア大学人類学のジョフィリー・ブラスヴェッラ教授は「内部に見つかった3つめの『マトリョーシカ』は実際はいくつかの小型『マトリョーシカ』が組み合わさったもので、2つめのマトリョーシカの中にある可能性がある。現時点では正確にはわからない」と語っている。ポータル「Terra」が掲載した。

3つめのピラミッドが発見されたのは、2015年、ククルカンの神殿の下に深さ20メートルの地下湖がある事が確認された時。

ククルカンの神殿の基礎部分には暦の原則がすえられ、天文学的な意味を持つものであったと考えられている。

科学の関連ニュースはこちら

関連:

エジプトのピラミッドスキャンで 未知の異常を発見
科学者ら、南極大陸で古代ピラミッドを発見(写真)
タグ
歴史, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント