18:08 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
316
でフォローする

ロシアで51人が遺体の極低温冷凍を受けた。さらに約200人が将来冷凍する契約に署名した。

研究室
© Fotolia / Alexander Raths
「クリオルス」社の共同創設者であり最高経営責任者(CEO)がメディアに発表した。契約を結ぶのは主に癌など、重病を抱えている人だ。

「手術の前に多くの契約が結ばれる。例えば、ある顧客は『がん4期を患う母が手術の準備をしている。死の場合は冷凍保存したい』と述べる。極低温冷凍の契約を結んだり、すでに冷凍された人々は、数十年後、彼らを救える薬が世界に現れると願っている。」

冷凍費用は3万6000ドルで、遺体搬送には追加料金が必要だという。冷凍遺体は魔法瓶に似た、室温がマイナス196度の巨大タンクに保存される。

先に伝えられたところによると、不治の病に侵された英国の14歳の少女が、自分の遺体を冷凍保存する権利を裁判で勝ち取った。

関連:

ホーキング博士、人類に残された年を計算
中国建設作業員、新種の羽毛恐竜発見
タグ
科学, 医療, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント