07:10 2019年06月20日
学者、若さを保つ方法発見

学者、若さを保つ方法発見

© Fotolia / Axel Bueckert
テック&サイエンス
短縮 URL
147

米カリフォルニアの学者が、若さを保つ方法を発見した。その基になったのは、若者の血だ。

カリフォルニア研究所の学術研究員は、実験室のマウスを使った実験を行い、いかに若さを保てるかを明らかにした。実験には、人間で言うと50歳前後のマウスが用いられた。

これらのマウスには明らかな記憶力低下や反応速度の低下が現れていた。全てのネズミにより若いネズミから取った血液を定期的に注入したところ、3週間後にはすでに肯定的な結果がみられた。マウスの脳の活動は活発化し、新たなニューロンが発生し、全ての運動でエネルギーが高まった。

以前も行われた研究で、若者の血液注入によるこの効果は、人体にこの手法を用いた場合も観察される可能性があるとも示された。

先に学者は、寿命を1.5倍に伸ばす方法を語った。

関連:

「ゾンビ病」が米国に浸透、学者が声明
コンピュータゲームは老年性認知症を予防
タグ
科学, 医療
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント