15:13 2020年02月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
144
でフォローする

バルセロナ大学の宇宙学者ファーガス・シンプソン氏は世界週末が到来する可能性を評価した。論文のプレプリントはサイト「arХiv.org」で閲覧可能であり、概要はデイリーメールが報じている。

21世紀中に全世界的な大惨事が到来する可能性は、シンプソン氏の評価によると、0.2%以上。同時に、人類が2100年を生き延びる可能性は87%と評価された。

シンプソン氏の結論は科学的な仮説「終末論法 (Doomsday argument)」に依拠している。この仮説によると、人類はすでに存続期間の折り返し地点を過ぎている可能性が高い。

先にスティーブン・ホーキング博士は、人類が地球でさらに1000年を生き延びることは叶わないとの声明を出した。

関連:

気候学者ら:グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸した
中国の学者、雷内部の温度を測る
タグ
科学, 学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント