13:33 2019年05月26日
アルコール

学者:アルコール断絶は人間の健康に悪影響を及ぼす

© Fotolia / Karlosk
テック&サイエンス
短縮 URL
193

学者たちは、アルコールを完全に断つことによる人体への悪影響について伝えた。

センセーショナルな発表をしたのは、タスマニア大学(オーストラリア)の学者たち。研究は、西側の専門的出版物の中で発表された。

オーストラリアの学者たちによると、良識のある範囲でアルコールを摂取している人たちは、アルコールを断絶している人たちよりも、より健康だという。
学者たちはこれを証明するために、大規模な研究を行った。学者たちは、2500人以上を対象にした研究を実施。参加者たちを、適度なアルコールの接種が許可されたグループと、アルコールの摂取が禁止されたグループの2つに分けた。

結果、適度なアルコールの接種が許可されたグループの人々は、研究過程でアルコールの接種が禁止されたグループの人たちよりも、全体として健康であることが明らかとなった。

なお学者たちは、研究の参加者たちは良識のある範囲でアルコールを摂取したことを強調している。

関連:

可愛い女性ほど給料が少ない、学者が解明
京都大のグループ iPS細胞からがん細胞を攻撃する能力の高い免疫細胞の作製に成功する
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント