04:25 2019年07月16日
学者 人類がコロニーを建設できる可能性のある惑星を挙げる

学者 人類がコロニーを建設できる可能性のある惑星を挙げる

© 写真: NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 36

NASAの科学者たちが、予見可能な将来において人類のコロニーとして適する可能性のある惑星について語った。

Планета Марс на восходе
© 写真 : NASA/JPL-Caltech
科学者たちは、すでに100年後にも人類が他の惑星へ移住する問題が差し迫ったものとなる可能性があると指摘した。

学者たちによると、人類は火星、ケレス、冥王星などの惑星でコロニーを建設できるという。冥王星では水の氷が発見されたことが知られており、この事実がコロニーの場所の選択に影響する可能性がある。

現在すでに、移住問題を解決する特別プログラムの開発が進められている。

ロシアの天文学者アナトリー・ヴェジマチェンコ氏は、将来的に人類はコロニーの建設が可能な惑星に関して複数の選択肢を持つことになると語った。すでに現在、理論的に人間の移住に適した惑星が多数あるという。

先にホーキング博士は、人類がさらに1000年地球で生き残ることはできないと述べた。

関連:

学者、火星での未来の家を公開(動画)
NASA、未来の人類にとって宇宙ゴミがなぜ危険かを語る
タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント