09:34 2021年06月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
208
でフォローする

北半球の極氷は、前例のない速さで融解している。地域の気象データについて近年最も詳細な分析を行った学者たちは、このように警告している。BBCが報じた。

北極圏の気温を観測しているデンマーク気象研究所がデータを分析した結果、最近4週間にわたって極氷冠上空の大気層の温度が平均を9度から12度上回ったことが分かった。

学者たちによると、通常11月は北極の氷が融解することはなく、反対に暖かい季節の後に再び凍る。しかし今年は凍結しない、あるいは例年よりも凍る速度がはるかに遅いという。

9月16日、北極の海氷面積は414万平方キロメートルと、観測史上最少となった。

専門家たちは従来通り、氷河融解の主な原因は人間の活動だと考えている。

関連:

北極海底からの謎の海鳴りが魚や動物を怯えさせる
北極で第2次大戦中のナチスの秘密基地が発見(動画)
タグ
北極
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント