05:02 2017年09月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    事務所

    欧州、仕事における燃え尽き症候群が病気として認定される

    © Fotolia/ William87
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 23870

    ベルギー当局により、仕事における燃え尽き症候群が病気として認定された。マギー・デ・ブロック保健大臣が発表した。

    「病気としてこれを認定することにより、職場での予防措置が可能になる」。VRTの放送で述べた。

    専門家によれば、燃え尽き症候群が病気として認定されることにより、通院費の7割を保険会社に負担させることができるようになる。

    地元メディアによると、ベルギーでは、燃え尽き症候群を訴えて毎年1万人が医療支援を受けている。

    なお先に学者が仕事時間を管理できずストレスをあっ変える人は寿命を大幅に縮め、60歳以上の死亡率は34%増大すると発表した。

    関連:

    職場でのセックスによるネガティブな影響
    学者:テレビ視聴は寿命を縮める
    タグ
    医療, EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント