16:57 2018年07月17日
嫌な記憶をぬぐいさるには? 研究者が対策法を発見

嫌な記憶をぬぐいさるには? 研究者が対策法を発見

© AP Photo / Dmitry Lovetsky
テック&サイエンス
短縮 URL
170

中国と米国の神経生物学者らが嫌な思い出を振り払うための効果的な方法を発見。この方法では嫌なことが起きた場合、しばらくの間、その状況から距離を置くほうがいい。学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」にその研究成果が公表された。

実験に参加したのは73人の学生被験者。彼らには2日間に渡って嫌な人物に関係したネガティブな記憶を克服するよう指示がなされ、その様子が血流動態反応を視覚化するfMRIを装着させ、皮膚反応を調べながら観察された。

その結果、嫌な情報はそれが就寝直前に摂取された場合、明確に記憶に残ることがわかった。しかも脳の活発度から、短期的な記憶が長期的な記憶へと推移していることが裏付けられている。

関連:

相手の目を見ながら話すのはどうして大変なのか? 日本人研究者が解明
調査:思いやりのある父親は、行動上の問題から子供を解放させる
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント