03:07 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    113番元素 「ニホニウム」に決定

    新元素が日本にちなんだ命名に

    © Fotolia/ Shawn Hempel
    サイエンス
    短縮 URL
    250883

    「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」は、日本の理化学研究所の専門家たちが合成に成功したメンデレーエフの周期表における113番元素を「Nihonium(ニホニウム)」に正式に決定した。理研が発表した。

    理研の森田浩介氏が率いる研究グループは、加速器「RILAC」を用いて2003年から新元素の合成に取り組み、2004年に初めて113番元素の合成に成功した。

    また115番元素は、Moscovium(モスコビウム)、117番元素は、Tennessine(テネシン)、118番元素は、Oganesson(オガネソン)に決定した。

    関連:

    学者:合成タンパク質ががん治療の助けに
    中国、世界初の「ゲノム編集」臨床実験
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • wickun
      金星人のプロジェクトだったようです。誰が気づくか?という。
      イルミナティの歴史捏造の手法は「嘘の神話に作った遺跡」が基本
      藤原京しかり、伊勢神宮しかり、明治天皇しかり、ギリシャ神話、日本神話全て捏造でした。
      ただ本物が臭う部分を継ぎ合わせるとある程度見えてくるものです。
      日本人には嘘と真実を見分ける力がまだ多く残っています。
      皆さんもやってみるといいでしょう。世の中嘘だらけですから。
      bbs8.fc2.com//bbs/img/_802100/802006/full/802006_1480471465.jpg
    • junobejp
      「113」が「ニホニウム」に決まることは、最初から判っていました。
      サタニスト数字「311」の鏡文字は「liE」。113=liE。
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース