03:08 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    子供たち

    学者:子供の頃のだらしなさは、大人になって計画を立てる時に妨げとなる

    © Fotolia/ DragonImages
    サイエンス
    短縮 URL
    284347

    子供の頃に規則正しい生活を送っていなかった人たちは、時間配分を計画することができなかったり、やるべきことを後回しにする傾向がある。ニューヨーク州立大学オルバニー校の専門家たちは、このような結論に達した。

    調査には、292人の学生が参加した。調査では、学生たちの幼少期と少年期の日常的な義務やさまざまな活動の規則性のレベルが評価された。

    結果、幼少期の生活が規則正しかった学生たちは、時間配分がはるかに上手かったことがわかった。

    学者たちは、活動スケジュールの存在は家庭に安定感を与えると指摘している。この安定感が不足することで、ネガティブな結果がもたらされる可能性があるという。

    先に、少年時代に温かい雰囲気の家族の中で育った男性は多くの場合、後年も結婚関係において愛と信頼を保持すると報じられた

    関連:

    学者、仕事の悪夢から逃れる方法を語る
    学者 男性にとって女性が最も魅力的に見える年齢を語る
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • wickun
      トランプ:IS(ダーイッシュ)をつくったのはヒラリーとオバマ、
      ペトリアスも絡んでいてブラックウォーター(アカデミ)が仕切っている

      ジョージワシントン以来大切な選挙だった
      実質軍部によるクーデターであった。
      南極基地にいたケリーの理由は(音声が消されています)
      www.youtube.com/watch?v=F2XiXzCm5Ng
      トランプ政権の閣僚人事について、ベンジャミンフルフォード

      メラブ・ラチシビリ(Merab Ratishvili)の小説『白いラマ(White Lama)』では、主人公がついに南極点に辿り着く。氷の裂け目を見つけた彼は、桁外れの霊能力者たちの住む秘密の集落を発見する。住人達は温帯気候の世界に住み、熱帯の果樹を育てているのだ。
      finchannel.com/index.php/world/georgia/56186-novel-white-lama-is-nominated-for-the-international-imp

      これは単なる物語に過ぎないが、実際の出来事に基づいている:1938年、ナチスは南極を植民地にしようとしたのである。この小説の登場人物たちは、このナチスの子孫とされている。そこは、自分達のために霊能力を用いる人々の国だったのだ。
      www.rense.com/neuschwab1/neuschwabAFaudio.html

      ナチスが南極に軍事科学基地の類を作ったという噂は長いこと囁かれてきた。彼らが探検のためにはるばる南極に赴いたというのはまずあり得まい。彼らの犠牲になった人々が知っていた通り、ナチスはよくまとまった有能な組織だった。例えば、イギリスに侵攻できた場合には、ナチスはブリッジノースの街をイギリス進駐の基地にするつもりだったが、これは実に理に適った選択である。というのも、ブリッジノースは地理的にもイギリスの中心近くにあり、当時イギリスの中核となっていた2大産業拠点の間に位置していたので、国土を縦断する重要な輸送・通信ルートの全てにも容易にアクセスできたからだ。
    • junobejp
      子供の頃からちゃんと 「規則正しい生活」 を送れと誘導?
      そうやって、子供のうちから「軍隊」のように、そして「歯車」のように、躾ていくワケ?
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース