21:09 2018年06月23日
子供たち

学者:子供の頃のだらしなさは、大人になって計画を立てる時に妨げとなる

© Fotolia / DragonImages
テック&サイエンス
短縮 URL
157

子供の頃に規則正しい生活を送っていなかった人たちは、時間配分を計画することができなかったり、やるべきことを後回しにする傾向がある。ニューヨーク州立大学オルバニー校の専門家たちは、このような結論に達した。

調査には、292人の学生が参加した。調査では、学生たちの幼少期と少年期の日常的な義務やさまざまな活動の規則性のレベルが評価された。

結果、幼少期の生活が規則正しかった学生たちは、時間配分がはるかに上手かったことがわかった。

学者たちは、活動スケジュールの存在は家庭に安定感を与えると指摘している。この安定感が不足することで、ネガティブな結果がもたらされる可能性があるという。

先に、少年時代に温かい雰囲気の家族の中で育った男性は多くの場合、後年も結婚関係において愛と信頼を保持すると報じられた

関連:

学者、仕事の悪夢から逃れる方法を語る
学者 男性にとって女性が最も魅力的に見える年齢を語る
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント