03:05 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    学者からのアドバイス:頻繁にオルガスムに達するためには、靴下を履いてセックスするとよい

    学者からのアドバイス:頻繁にオルガスムに達するためには、靴下を履いてセックスするとよい

    © Fotolia/ Gstockstudio
    サイエンス
    短縮 URL
    0 164771

    オランダの学者たちは、靴下を履いてセックスする人たちはオルガスムに達する頻度がはるかに多いことを明らかにした。英紙Metroが報じた。

    オランダのフローニンゲン大学の学者たちは、脳スキャン技術を用いて実験を行った。実験では、靴下を履いてセックスしたカップルの80パーセントが、通常オルガスムに達し、セックスの前に靴下を脱いだカップルは、2人に1人しかオルガスムに達しなかった。

    これは、靴下がくるぶしから下の部分を暖めることで血管が拡張され、性器を含む全身の血流がよくなるからだという。

    学者たちは、統計によると通常女性のほうが男性よりもオルガスムに達することが少ないため、特に女性に対して靴下を履いてセックスするよう助言している。

    関連:

    日本人熟年男性 実の妻を捨て「セックス・ドール」と暮らす(写真)
    セックスに長けると世界は救われる?
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント
    主要ニュース