16:12 2018年12月16日
天文学者 地球のすべての生命が絶滅する時期を語る

天文学者 地球のすべての生命が絶滅する時期を語る

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

ベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学のリーン・デチン教授は、5億年後に太陽が赤色巨星となり、地球のすべての生命が絶滅すると語った。研究は、雑誌Astronomy and Astrophysicsに掲載された。

NASA、笑顔の太陽の写真を公表
© Fotobank.ru/Getty Images / David McNew
これは、とも座の古い星を観察した結果、分かったという。

太陽は、その水素をすべて使い果たした時に赤色巨星となり、数百倍の大きさになる。また太陽は晩年地球に近づき、膨大な量の物質を放出する。天文学者たちの予測によると、それが起こるのは5億年後。

地球は残るが、生き残るものはいない。学者たちはまた、水星と金星が完全に破壊されると述べた。

宇宙関連のニュースはこちら

関連:

NASA 火星探査車「キュリオシティ」の損傷を発表
天文学者 1日の長さが25時間になる時期について語る
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント