17:19 2017年11月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 2°C
    学者 なぜパイロットがうつに陥るのかを説明する

    学者:世界数百人のパイロットがうつ状態

    © Fotolia/ Nikolai Sorokin
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 37103

    全世界の200人以上のパイロットが、うつ病の症状が見つかったものの職を失うのを恐れて病院にいかなかったという。

    調査によると、うつ病診断テストを受けたパイロット1848人中233人(12.6パーセント)に、うつ病の症状が見られた。

    調査では、「調査の参加者75人(4.1%)が、ここ2週間で死や自分で自分に害を及ぼす考えが沸き起こったと伝えた」と述べられている。

    学者たちは、パイロットたちのうつ病の原因を交代勤務と長時間労働と特定し、航空会社にパイロットたちの労働環境を注視するよう勧めている。

    先に、なぜ医師に鬱病が多いのかについて報じられた。

    関連:

    相対性理論:サンタクロースはどうやって一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けるのか?
    老年性痴呆の予防に効く飲み物が明らかに
    タグ
    科学, 医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント