02:28 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    地球

    科学者ら、生命がどこから地球にやってきたかを解明

    © 写真: NASA/Reid Wiseman
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    13281170

    スペイン国立研究評議会の科学者らが有機化合物を合成するユニークな能力を持っている隕石の種類を同定した。この発見により生命が宇宙でどのように始まったのかを理解することができるようになる。

    炭素質(カーボン)コンドライトと呼ばれる種類の隕石は有機化合物を合成することができるというユニークな特性を有していることがわかった。太陽系の他の天体にはない特性だ。

    一連の実験によりこの隕石がカルボン酸、アミノ酸、窒素含有塩基を合成する鉱物を形成することが分かった。これら化合物は生物の出現のための基礎であるリボ核酸(RNA)を作る。

    専門家によれば、こうした隕石の破片により、一定の期間水を液体の状態にとどめる条件をもつ天体であれば、宇宙のどこにでも生命が発生する可能性がある。ポータルPhys.orgが報じた。

    宇宙関連のニュースはこちら

    関連:

    NASA観測所、太陽の巨大な黒点をビデオに撮影 【動画】
    医師らの警告:人間はまだ宇宙旅行の準備ができていない
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント