05:27 2018年05月24日
東京+ 16°C
モスクワ+ 17°C
    NASA、火星に「クモ」が出現し、成長している理由を突き止める

    NASA、火星に「クモ」が出現し、成長している理由を突き止める

    © 写真: NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 0 0

    NASAは火星にクモが出現し、成長している理由を突き止めた。クモは火星の南半球でのみ成長しており、北側には全く存在しない。

    火星の南極に拡がっている浸食運河こそクモの正体であった。こうした運河が絶えず成長し、拡散しているのだ。

    NASAの仮設によれば、二酸化炭素の加熱で温室効果が発生、氷が溶融。一方ではガスが氷層を破壊する圧力を作る。ガス粒子が、埃や砂と共に表面に噴出し、クモの形を形成する。火星の北部にはクモは見られない。これは、氷はあっても表面に十分量の砂がなく、峡谷が形成された際にそれを補填するものがないため。

    それより前にNASAの科学者が人々は地球規模の大惨事を引き起こしうる大隕石の突然の落下に対し準備ができていないというような見解を示した。

    関連:

    ロシアのムルマンスクで隕石が爆発、模様がビデオに収められる 【動画】
    科学者ら、生命がどこから地球にやってきたかを解明
    タグ
    火星, 宇宙, NASA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント